最近では、店頭などで

販売されるシャンプーの中にノンシリコンシャンプーというのが多く並べられるようになりました。
シリコンはコーティング剤なので毛穴を塞いでしまう恐れがあることからノンシリコンシャンプーが人気を集めています。
シリコンは頭皮によくないとされながらシリコントリートメントが販売されている場合があります。

それはなぜかというとシャンプーとトリートメントでは使用法も目的も違うからです。
ノンシリコンシャンプーなどのシャンプーは、本来頭皮や髪を洗うものです。
なので髪を保護する必要がなく、汚れを落とす力が求められます。

シリコンなどのコーティング剤が配合されていると、その後使用するトリートメントの効果を弱めてしまうほか、頭皮の毛穴のつまりを引き起こす可能性もあります。
一方シリコントリートメントなどのトリートメント類は、髪の内部まで栄養を補給し、髪を強くしていくことが目的とされています。

頭皮には一切つける必要がなく、髪の傷んでいる部分をメインにして使用します。
シリコンなどのコーティング剤は、髪の内部に栄養を補給した後、髪から流れ出てしまうのを防いだり、髪の手触りを整える目的で使用されるからです。

なので使用の際には頭皮につかないようにするなど注意が必要です。
しかし、ノンシリコンシャンプーであれば必ずコーティング剤が配合されていない、というわけではありません。
コーティング剤はシリコンの他にも数えきれないほどの種類があり、使用後の手触りやシャンプーの使用感を高めるために使用されていることもあります。
シャンプー・リンス・コンディショナーが背中ニキビの原因になっていませんか? 使い方には注意したいですね。